日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

『いつでも夢を』 橋幸夫・吉永小百合 ~ 曲がいいと中国語でもイケるのよ

どこで覚えたのかはとんと覚えがないが、

昔からこのメロディーは知っていた。

 

この曲をそれとして認識したのは

サントリーの烏龍茶のコマーシャル*1が最初だったと思う。

中国語で唄われたこのCMは当時ちょっとした話題となり、

調子に乗って新聞に載った烏龍茶の広告には、

譜面入りでカタカナ付の歌詞が載っていたと思う。

 

「♪ピーシーユーハイシャシーユーニー」(適当)

や、よく覚えていない。取っておけばよかったかな。

 

それはさておき、古き良き時代のデュエットの大トリを飾る*2この曲、

とにかく、特筆すべきはその優しいメロディーだろう。

 

メロディーが良い、という曲は

言葉で表現するに大変困ったもので、

聴いてもらうしかないのが何ともじれったい。

 

いつでも夢を (MEG-CD)
シングルジャケット/amazonより
 
  • 作詞 佐伯孝夫、作曲・編曲 吉田正
  • 1962年(昭和37年)9月20日、ビクターより発売
  • 歌詞はうたまっぷへ:いつでも夢を 橋幸夫/吉永小百合 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい:いつでも夢を - Wikipedia
  •  

    それにしてもなんとも優しげな曲である。

    特に吉永小百合の透き通るような、

    クセの無い譜面に忠実な歌いかたが印象的。

     

    女優業であれば、感情味たっぷりに歌い上げそうなものだが

    むしろ感情は押さえ気味で、後の、同じく女優である

    いしだあゆみ薬師丸ひろ子などにも通じるところがある。

     

    オカリナやパンフルートのような、まじりっ気のない音。

    それと橋幸夫の人くさい歌謡とのユニゾンがマッチしている。

     

    ハモっているわけではないので、

    どちらかの独唱でも成り立ちそうなものだが、

    どちらが欠けても、この楽曲は成り立たなかっただろう。

     

     

    名曲・聴きドコロ★マニアックス

    メロディーに寄り添うようなアコーディオン

    それを追いかけるように流れる木琴(シロフォンマリンバ?)

    が、曲により優しさを加えている。

     

    バファリンは半分やさしさでできている*3らしいが、

    この曲は純粋にやさしさで作られている。

     

    意味が知りたい★ここんとこ 深読み&ななめ読み

    「言っているいる お持ちなさいな」

    あのこはいつも「お持ちなさい、いつでも夢を」と歌っているのだろう。「いるいる」と繰り返すことで、「あのこ」はいつもうたっていることを強調している。周りの人々は、どんなにつらい時も、そのうたで慰められている。

    似たような例で、童謡『もりのくまさん』の歌でも、ナレーションとセリフが混在して混乱する。「♪くまさんの言うことにゃ、お嬢さんお待ちなさい」の部分。この部分はナレーション。熊のセリフではない。メロディーの切れ目と、歌詞の切れ目が不明瞭なまま話が進むと混乱する。

     

     amazonで現在入手可能な収録CD 1曲目/試聴可能

    参考までに、中国語バージョン / 試聴可能

    SUNTORY OOLONG TEA CM SONG COLLECTION

    SUNTORY OOLONG TEA CM SONG COLLECTION

     

    脚注

    *1:最近は烏龍茶も市民権を得てしまって、当初CMで使われた「烏龍茶はサントリーのこと」のようなキャッチは使いにくくなってしまったようだ

    *2:これ以降は、『東京ナイトクラブ』の項でも書いたように、対話形式のデュエットが主流となる

    *3:鎮痛剤のみだと消化器系に悪いので、半分胃腸薬の成分が入っているとかなんとか。物は言いようの典型。