日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

『恋のバカンス』 ザ・ピーナッツ ~ ジャパン・ポップスの幕開け

洋楽ポップスのカバーを中心に活躍してきた双子のデュオ*1

満を持して登場したオリジナルソングが

大ヒットした*2

 

どちらが主旋律ともとらえきれないツインボーカルは、

声質こそ旧態依然としているものの、

曲全体の雰囲気が、新たな時代を予感させるものとなった。

 

恋のバカンス (MEG-CD)
シングルジャケット/amazonより
 
  • 作詞 岩谷時子、作曲・編曲 宮川泰
  • 1963年(昭和38年)3月、キングレコードより発売
  • 歌詞はうたまっぷへ:恋のバカンス ザ・ピーナッツ 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい:恋のバカンス (曲) - Wikipedia
  •  

    ボーカルのほかは、

    ウッドベースと、

    エレキギターと、

    ドラムスと、

    ブラスアンサンブル。

     

    最低限の編成とも思える、

    それらの要素*3が奏でる、軽快なリズム。

     

    そして、開放的な歌詞。

    「♪裸で恋をしよう 人魚のように」

     

    結構直接的でいやらしい歌詞だが、

    開放的でカラッと明るい曲調が

    むしろ、隠すことなく潔い、

    さっぱりとした健全な恋に印象を転化させている。

     

    いやらしさを包み隠した、牧歌的な恋物語ではなく、

    大人のいやらしさを感じる、ドロドロした愛憎物語でもなく。

    あっけらかんとした、若者の憧れの混じったラブストーリー。

     

     

    さぁ、いよいよ

    日本のポップスの幕開けだ。

     

     

    意味が知りたい★ここんとこ 深読み&ななめ読み

    「バカンス」

    フランス語で休暇のこと。英語でいうとVACATION(バケーション)。同名の歌*4のおかげで辞書を引かなくても綴りがわかる。♪楽しいな

     

    amazonで現在入手可能な収録CD Disc1・2曲目/試聴可能

    THE PEANUTS “THE BEST 50-50”

    THE PEANUTS “THE BEST 50-50”

     

    脚注

    *1:2人組の意。二人で歌う歌はデュエット。ちなみに3人組はトリオ、4人でカルテット、5人でクインテット。3人以上は、てんぷくトリオ玉川カルテットなどお笑い系でときどき見かける(どちらも古い)。クインテットは、、、大好きなゲームメーカーだったのにな。・・・脱線が過ぎる。

    *2:後のブリリアント・グリーンみたいなものか。ちがう?

    *3:実際は、プラス男性コーラスが入っているが、個人的にはこれが邪魔

    *4:弘田三枝子の1962年のカバー byが知られている。オリジナルはコニーフランシス by