日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

『想い出の渚』 ザ・ワイルドワンズ ~ 日本人の夏はノスタルジィでできている

夏のうたがノスタルジックになったのはいつからだろうか。

 

大人も子どもも恋人も、

夏だぜ海だぜ騒ごうぜイエイ、

てな開放的な感じではなく、

夏の日の思い出を、優しく、ときに切なく歌い上げる曲が

特に日本の歌に多い気がする。

 

想い出の渚 [EPレコード 7inch]
ジャケット/amazonより
想い出の渚

想い出の渚

 
  • 作詞 鳥塚茂樹、作曲 加瀬邦彦、編曲 森岡賢一郎
  • 1966年(昭和41年)11月5日、東芝音楽工業より発売
  • 歌詞はうたまっぷへ:想い出の渚 ザ・ワイルド・ワンズ 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい:想い出の渚 - Wikipedia
  •  

    『夏休み』(よしだたくろう/1971年/ by)、

    『夏をあきらめて』(研ナオコ/1982年/ by) 、

    『少年時代』(井上陽水/1990年/ by)、

    真夏の果実サザンオールスターズ/1990年/ by)、

    『さよなら夏の日』(山下達郎/1991年/試聴はこの先から)、

    夏を待ちきれなくて』(TUBE/1993年/ by)、

    『Hello,Again~昔からある場所』(My Little Lover/1995年/ by)、

    『夏祭り』(whiteberry/2000年/ by)など、

    挙げだすと、これだけで特集記事書けるほどきりがない。

    そのうち番外で書こうかな。

     

    反面、洋楽にノスタルジーはあっても、夏につながるものが少ないのは、*1

    学年中に「夏休み」があるのとないのの違い*2なのだろうか。

     

    人生の節目とは関係ない部分に、

    ぽっかりとした空白、もしくは断層が生じているために

    非日常の、印象的な時間と物語を

    生み出して出しているのだろう。

     

     

     

    話を『想い出の渚』に戻す。

    というより始まってもいなかった!

     

    ワイルドワンズは、加山雄三の弟分のような立ち位置もあり、

    グループサウンズのくくりに入れられることが多いが、

    メンバー自身よる作詞・作曲・演奏で、

    現在でいうバンドという形態のほうが近いと思う。

     

    ビートルズの影響もあり、

    当時ブームになったというグループサウンズだが、

    ”アイドルとしてのビートルズ”に倣った部分が多く

    今聞いてみると、職業作家による楽曲を

    消化不良なアレンジで料理した、

    「惜しい」曲が大変多い。

     

    そんな中、この頃になってようやく

    このワイルドワンズやフォーククルセダーズなど、

    完成度の高いバンドが現れるようになった。*3

     

    12弦ギター*4によるイントロ、リフ、間奏が印象的に使われている。

     

    また、ギター片手に作ったと思われる、半音*5を用いたメロディーが

    効果的に使われるようになったのもこの頃か。

     

    そんな、まさに、今につながる

    ギターサウンドが、生まれつつある時代。

    この珠玉のメロディーが出現したのだった。

     

     

    名曲・聴きドコロ★マニアックス

    メインボーカルのヴォリュームが弱く、

    時々演奏やコーラスに紛れてしまう。

    ボーカルを前面に押し出す曲が多い中、

    このあたりにも、サウンドの方向性の多様化がみられる。

     

    意味が知りたい★ここんとこ 深読み&ななめ読み

    特筆すべき歌詞はない。

    というよりも具体性が全くない。

    「君」も、

    「渚」も、

    何もかもが具体性を帯びておらず

    聴く者それぞれが、それぞれの

    「君」や「渚」そして「あの夏の日」

    を思い描く。

     

    わざとか、天然か。

    いかに?

     

     

    amazonで現在入手可能な収録CD 1曲目/試聴可能

    All Of My Life~40th Anniversary Best~

    All Of My Life~40th Anniversary Best~

     

    脚注

    *1:それとも自分が知らないだけか

    *2:欧米諸国は夏で学年が変わるのが多いらしい。合理的だね

    *3:ように見える。当時の状況は知らないので、あくまで印象だけの話

    *4:ビートルズでおなじみのギター。本来6本弦のギターの弦が、1つの弦であるべきところにオクターブ違いの弦を2本張ってあり、コーラス効果を生み出している。The Alfee坂崎幸之助が良く持っているネックが二本あるギターとは似て非なるもの。厳密に説明するといろいろ違うけど、まあそんなところ

    *5:譜面上に現れる♭や♯