日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

『おなじ星』 Jungle Smile ~ 盛り上がりすぎて一方通行にならなければいいなぁ。

もしもカラオケでこの曲を選曲した人がいたら、

ぜひとも勝手にハモりパートを歌って迷惑がられたいと

常日頃から思ってやまないが、ついぞその機会に巡り合わない。

 

というより、今の今までただの一度も、

この曲やこのグループの話題が

会話に登場したことも、街角で巡り当たったことすらもない。

 

 

うすうす感じてはいる。

この曲、本来百名曲に選ばれるような対象ではない。

 

知る人ぞ知る名曲、とか、隠れた名曲、そういうのにピッタリの曲だ。

だけど選ばずにいられなかった。

 

 

だってこんなにいい曲なのだから。

 

 

f:id:outofjis:20160225220619j:plain
シングルジャケット/珍しく自前の画像より
おなじ星

おなじ星

 
  • 作詞 高木郁乃、作曲・編曲 吉田ゐさお
  • 1998年(平成10年)6月24日、ビクターエンターテインメントより発売
  • オリコン最高位27位
  • 歌詞はうたまっぷへ:おなじ星 Jungle Smile 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい:おなじ星 - Wikipedia
  •  

     

    「♪星の数ほど訪れる巡り逢いの中で

    あなたが私をたった一人愛してくれたから」

     

    声にならない声を懸命に絞り出しているような

    ボーカルの高木の、かぼそいが懸命な歌声に、

    まさに「♪胸がギュンて鳴る」思いがする。

     

    キュン、ではなく、ギュン。

    締め付けられるような思い。

    重さが違う。

    切ないのではない。トキメキでもない。

    激しいまでの胸の高鳴りだ*1

     

     

    「♪何があっても この腕がちぎれそうになっても 離さない」

    「♪たとえあなたが女に生まれていたとしても」

     

    舞い上がりすぎて、テンションが上がりすぎて止められない。

    心のうちの叫びなのだと思いたい。

    これらを実際に声に出していたとしたら、

    大げさすぎて、とてもとても。

     

    「♪そう、このにおい 耳の後ろのにおい 昔から知ってる」

     

    うわぁ。。

     

     

    「♪この東京で 交差点や駅のホームとか

    あなたと私は きっとすれ違ったりしていた

    離れた空の下で おなじ時おなじ星を見上げて 

    ため息漏らしてたかもね もう離さないで」

     

    おもわずワンフレーズそのまま掲載してしまったが

    こういう風に、思える相手がいるってのは

    いまが幸せだからだよね。

     

    愛の押し付けが激しすぎて、ドン引きされないように

    なんて余計な心配をしてしまうほどに。

     

     

    末永く幸あれ!

     

     

     

    名曲・聴きドコロ★マニアックス

    伴奏音のほぼすべての音が、リバーブというかエコーというか

    そんな残響音のなかに包まれていて、

    曲全体にふわふわとした浮遊感を醸し出している。

     

    ただひとつ、

    なんだか忙しげなドラムスの音を除いては。

     

    そのため、ボーカルが始まってしまうと、

    ボーカルの後ろでドラムだけが鳴っている、

    そんな錯覚すら覚えてしまう。

     

     

    そんな現実感のない音に

    正直打ち込み音*2だと思っていたが、

    プロモーションビデオや、ライブ映像を見る限り、どうやら生演奏らしい。

    吉田に至っては、アコースティック楽器の最たる、ウッドベースまで弾いている。

    すんごく意外。

     

     

     

    意味が知りたい★ここんとこ 深読み&ななめ読み

    「ここまで来たよ」

    「必ずこの場所だどりついてるわ」

    あなた、の居る場所、ということなんだろうけど、

    何故場所指定なのだろう?

    猫か*3

     

    「星の数ほど」

    屁理屈をこねくり回してみる。

     

    東京の人口は、昼間人口で約1,500万人。

    単純に男女比率半々と仮定すると男性は750万人。

    これは年齢やら好みやらの関係で、完全なる対象外になる人も含んでの人数。

     

    一方、地球から人の目で見える明るさの星、

    つまり6等星以上の明るさの星の数は9,000個ほどという。

    これは明かりが無い場所での理論上の数だ。

    不夜城である東京のような、街中で見える明るさの星はもっと少なく、

    2等星以上の明るさの星は、100個足らずしかないという。

    実際は南半球でしか見えない星などもあるから、もっともっと少ない。

     

    恋愛対象として巡り合いそうな人の数として

    結構現実的な数なのかな。100人足らずというのは。

     

    “星の数ほど”ってよく使われる表現だけど、実際大した数じゃないので

    振られた人へのなぐさめに使うのはふさわしくないのだよ。

    んむ、まさに屁理屈。

     

     

    「声に抱かれてた」

    同居していない恋人同士。

    涙こらえた夜も、微笑む朝も、

    というのは、やっぱり電話だろうか。

    いろんな場面で、電話口で慰められてきたのだろう。

     

     

     

    amazonで現在入手可能な収録CD 2曲目/視聴可能

    林檎のためいき

    林檎のためいき

     

    脚注

    *1:胸キュンとは、精神的なものではなく、アドレナリンなどの脳内物質の分泌などにより、瞬間的に血圧が上がった現象ではないかと言われている。

    つまりは血圧上がりすぎなんじゃね?

    *2:要するにプログラミングによる自動演奏

    *3:犬は人になつき、猫は場所になつくと昔から言うが、本当だろうか