日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

『今宵の月のように』 エレファントカシマシ ~ 醒めつつも前向き、な感じがカッコイイと思う年頃

街灯もまばらな夜道。

妙に輪郭のはっきりとした自分の影を足元に見つけ

思わず背後を振り仰ぐと、そこには

ぽっかりと満月が浮かんでいたりする。

 

月の光って意外と明るいんだよね。

 

いつか、今夜の月のように光り輝くんだ、という

なんだか少し遠慮がち聞こえる『今宵の月のように』の歌詞も

そんなに悪い目標でもないんじゃないか思える瞬間だ。

 

 

そう思って聴くと、

「♪くだらねぇと呟いて 醒めたツラして歩く」とか、

「♪いつまでも続くのか 吐き捨てて寝転んだ」とかいう

ブッキラボー*1でヤサグレ歌詞の中にも

新しい季節の始まり、や、愛を探しに行こう

といったの言葉に未来への光明が見えてくる・・・

 

と思いたいところ、、、だが

結局のところこれも、「♪いつの日か・・・だろう」

具体的な年月、目標点のない夢物語にすぎず

時に、えもいわれぬ焦燥感に駆られて不安になりつつも 

つまんねーなー、なんか面白い事ねーかなー

と無為に思いを巡らせているに過ぎない。

 

「新しい季節の始まり」とか言っているくせに、

「真夏の夜空」、季節のど真ん中に新しく街に吹く風は

当たり前のように「夏の風」なんだから。

 

季節変わってねェじゃん!

 

 

今宵の月のように
シングルジャケット/amazonより
  • 作詞・作曲 宮本浩次、編曲 佐久間正英
  • 1997年(平成9年)7月30日、ポニーキャニオンより発売
  • オリコン最高位8位(年間81位/1997年)
  • 歌詞はうたまっぷへ:今宵の月のように エレファントカシマシ 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい:今宵の月のように - Wikipedia
  •  

     

     

    人生の岐路に立つような絶望もなく、

    そのくせ尖って周りに当たり散らすこともせず、

    ボソっとぼやくように憎まれ口をたたくだけ。

    時にカッコつけて

    「♪もう二度と戻らない日々を 俺たちは走り続ける」

    なんて口にするけど、果たして走っているという自信がない。

    あー、ホント、こういうことあるよな。

     

     

    「♪君がいつかくれた 想い出のカケラ集めて 真夏の夜空ひとり見上げた」

    「♪君の面影 キラリと光る夜空に 涙も出ない 声も聞こえない」

     

    昔の彼女だろうか。

    想い出に寄り添ってちょっとした現実逃避。

     

    「♪今日もまたどこへ行く」

    すでに夜空の時間なのに今さらの行動。

    今日もうすぐ終わっちゃうよ?

     

    「♪明日もまたどこへ行く」

    予想通り今日は成果なしだったらしい。

    明日に持ち越しらしい。これを先送りという。

     

    「♪見慣れてる町の空」

    ところがどっこい、やっぱり今日は

    どこにも行っていなかったらしい。

    夜行性はこれだからいけない。

     

    そして、あしたもきっと、今日と同じ日々。

     

     

    よほど人生が充実している人間ならともかく

    だれでも一度は、(あるいはずーーっと)

    こういう状態を経験しているはずだ。

     

    ある種、実に共感を得やすいシチュエーションともいえる。

    同じような人間を見つけて安心を得る

    ぬるま湯シンドローム。居心地いいよね。

     

     

    名曲・聴きドコロ★マニアックス

     「♪あふれる熱い涙」という歌詞。

    どういうわけか2通りの節回しで歌われている。

     

    1回目と3回目は、言葉の本来のイントネーションに沿った 

    「あふる あついみだ」 

     

    2回目は、「今宵の月のように」と同じイントネーションで

    「あふれる ついなだ」

     

    意味があるのかどうか、まったくわからない使い分けだが

    おかげで、どっちのイントネーションで

    歌えばいいかわからなくなって、結果的に音程があやふやになってしまう。

     

     

    そういえば、唄い出しの「♪くだらねぇと」の

    「く~ぅだ」の部分、

    なんだか音程ちょっと変じゃね?

    タイミングをつかみ損ねて慌てて声出したみたい。

     

    ところで、どうでもいいけど、宮本浩次の声って

    なんとなく時々ユースケ・サンタマリアの声に似てるよね。

     

     

    意味が知りたい★ここんとこ 深読み&ななめ読み

    「今宵の月のように」

     もうこの言い方が、かなりカッコつけだよね。

    「今日の月みたいに」といわず「今宵の月のように」

    照れ隠しに気取ったふりをしているとも取れる。

     

    エレファントカシマシ

    このバンド名ってすごいと思う。

    音の響きのよさと、かしましいという古風な言葉のミックス。

    なんだか少しカッコ悪いのに、なんだかとてもカッコいい。

    英語のようで英語でない。もちろん日本語でもない。

    絶妙な言葉のセンスに乗っかったネーミングに脱帽。

     

     

    amazonで現在入手可能な収録CD 11曲目/試聴可能

    明日に向かって走れ ― 月夜の歌

    明日に向かって走れ ― 月夜の歌

     3曲目の『風に吹かれて』(1977年/試聴/停止 byiTunesからダウンロード)もカナリいいよね。

     

    脚注

    *1:ぶっきらぼう:無愛想で知られた江戸時代の僧侶・仏煌僧正のあだ名、仏煌坊主ブッキラボウズが語源。(ウソ)