日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

▼番外▼/『ガイア幻想紀』 川崎康宏  ~ テンションマックス、新説ワールドミュージック

今回は番外も番外。ゲームのBGMです。

タイトルを見てピンと来た方、もしくは、検索で直接こちらに来られた方、

イイもの取り揃えております。ごゆっくりどうぞ。

 

なにそれ?な方、ここはおそらく求めるものは無いので、

良ければこのサイト内の別のページでお楽しみください。

20世紀に生を受けていた方であれば、きっとお楽しみいただけると思います。

 


 

ずいぶんと昔、まだ20世紀だったころ。

サントラCDの出なかった、スーパーファミコンのゲーム『ガイア幻想紀』のBGMを

暇に任せて採譜(耳コピ)して、MIDIファイルを作成し、

この「日本百名曲」の前身コーナーを掲載していた同じサイトで公開していた。*1

 

そのページは、永くの放置による当然なる結果、いつのまにか消滅しまった。

「百名曲」に関しては、あらためてここで『日本百名曲-20世紀篇-』として復活させたが

どちらかというとメイン扱いだったMIDI置き場に関しては、公開の場もなく紛失させたままだった。

 

あらためて、思い出したかのように*2この場を借りて再公開させていただくことにした。

 

f:id:outofjis:20180712200856j:plain かなりレア?ガイア幻想紀の広告
 
  • 作曲 川崎康宏
  • 1993年 SFCソフト『ガイア幻想紀』収録
  • サウンドトラックは未発売
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい: ガイア幻想紀 - Wikipedia
  •  

    採譜にあたり全体として意識したことは、まず極力原曲に忠実であること。

    個人的にフェードアウトは嫌いなので、そこだけは少し自分の色を出させてもらって、

    各曲にエンディングを付け加えさせてもらった。

    特に、ラストひとつ前の曲は原曲からしてフェードアウトで終わっていたため

    フェードアウトさせずにかなり長めにコーダを付加させてもらった。

     

    例外として、

    漂流の曲は、あまりに原曲が短いので、エンディング以外にもかなり増築させてもらった。

    城の曲は、どうしても好きになれない部分があったので、メロディを一か所変えさせてもらった。

    ああ、そうそう、すべて曲名が不明なので、かなり勝手な題名を付けさせていただいた。

    それくらい。

     

    当時、MD*3にライン録音したものをもとに耳コピしていたが

    途中でデッキがぶっ壊れてしまったのと、私生活が忙しくなってしまったために、

    街の曲と、闇の空間の曲は採譜できていないことをお断りしておきます。

    今ではこんな、暇な作業できないなぁ。よくやったものだ。

     

     

    前置きが長くなりました。それではごゆっくりお楽しみください。

    1.ガイア幻想紀
      MIDIダウンロード

    2.少年たちの午後
    sorry, there's no available 要するに、採譜していない

    3.危機
      MIDIダウンロード

    4.エドワード城
      MIDIダウンロード

    5.ラライの崖
      MIDIダウンロード

    6.水平線に落ちる夕陽
      MIDIダウンロード

    7.空中庭園
      MIDIダウンロード

    8.光の影
      MIDIダウンロード

    9.ムー大陸
      MIDIダウンロード

    10.木漏れ日の下で
      MIDIダウンロード

    11.万里の長城
      MIDIダウンロード

    12.ヤミの空間
    sorry, there's no available 要するに、採譜していない

    13.巨大な敵
      MIDIダウンロード

    14.アンコール・ワット
      MIDIダウンロード

    15.セピアの日々
      MIDIダウンロード

    16.ピラミッド
      MIDIダウンロード

    17.帰路なき旅路
      MIDIダウンロード

    18.招かれざる神
      MIDIダウンロード

    19.約束
      MIDIダウンロード

    20.明日がはじまる
      MIDIダウンロード

    21.ガイア幻想紀(リプライズ)
      MIDIダウンロード

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    脚注

    *1:いちおう、公開に際して作者に簡単なご挨拶を行い、丁寧なご返事を頂いたが、別にオフィシャルでも何でもないので、時を経てここで公開していることを怒られたら、潔くごめんなさいするしかないことには変わりはない

    *2:というより、まさに思いつき以外の何者でもない

    *3:Mini Disk。一世を風靡した音楽用光磁気ディスク。