日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

フランク永井 の検索結果:

人名・曲名索引 ~ 

…★ フラッシュ金子 フランク永井 ブリリアント・グリーン プリンセス・プリンセス(Princess Princess) 古内東子 ザ・ブルーハーツ(The Blue Hearts) 古木花江 『プレイバックPart2』 『プレゼント』 へ ベートーベン 『ペッパー警部』★ ヘドバとダビデ ペドロ&カプリシャス ペドロ梅村 『ヘルプ!』 弁慶 ほ 『僕がどんなに君を好きか、君は知らない』 穂口雄右 『僕、笑っちゃいます』 『星屑のステージ』 『星のフラメンコ』★ 『星降る街角』…

『ハイそれまでョ』 植木等 ~ 卓越した表現力はタチが悪い

…ックスに導入される、フランク永井ばりの低音の ムード歌謡からスタート。 このあとの展開を考えると、かなりタチが悪い。 「♪・・・てなこと言われてその気になってぇ↑」 まくしたてるように早口におちゃらけ、 「♪退職金まで前借し 貢いだ挙句が!」 畳みかけるように最高潮に達し、 気合の抜けた脱力のキメ台詞。 「♪ハイ、それまでョ~」 「♪ふざけやがって この野郎!」 怒りの歌唱と怒涛のブラスサウンドが畳みかける 2番以降の歌詞がもう少し練られていれば、 『スーダラ節』 のようにも…

『東京ナイトクラブ』 松尾和子・フランク永井 ~ オトナの男女の火アソビ劇場

フランク永井の、ダンディーな低音の響きと 松尾和子の、艶やかで色っぽくかすれた声による 掛け合いデュエット。 じれったいまでにタメのきいた伴奏と これまたじれったい、二人のオトナの会話。 それをひと言でいうなら、ムーディ。 ナイトクラブ、とはいうものの、おそらくダンスホールのような場所なのだろう。 そこを舞台とした、大人の恋の駆け引きを歌った曲だが、 それにしても、まあ、軽薄なことよ。 以下2番の歌詞 (女)もう私、欲しくはないのね (男)とても可愛い、逢いたかった (女)男…