日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

前野曜子 の検索結果:

人名・曲名索引 ~ 

…over 前田憲男 前野曜子 槇原敬之 『マサチューセッツ』 真島昌利 松尾一彦 松尾和子 『マツケンサンバII』 松平健 松田聖子 松田優作 松任谷正隆 松任谷由実 松原のぶえ 松山猛 松村和子 松本伊代 松本一起 松本隆 松本孝弘 マッチ(近藤雅彦) 『待つわ』 円広志 『聖母たちのララバイ』★ 『真夏の果実』★ 『丸の内音頭』 万城目正 み 『ミ・アモーレ』 三浦徳子 美樹克彦 三木たかし 三島一声 Mr.Children 美空ひばり ミッキー吉野 水戸黄門 『港のヨー…

『ジョニィへの伝言』『五番街のマリーへ』 / ペドロ&カプリシャス ~ お互い、人を介さないとコミュニケーション不能らしい

…のボーカル。 初代の前野曜子の時代には『別れの朝』(1971年)をヒットさせている。 似たような(?)バンドの例に、敏いとうとハッピー&ブルーがある 「根っから陽気にできてるの」 「気が付けばさみしげな街ね」 どちらも強がりから来ている言葉と思われる。 自分は楽天的だから心配いらない、と自らを励まし、 思えば大した街じゃなかった、とこの街への未練を断ち切ろうとしている。 自分でも強がりを言っていることに気付いているのか、 「そこのところうまく伝えて」としている 「今度のバス」…