日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

『バン・バン・バン』 ザ・スパイダース ~ 脳内ババンバンがとまらない!

グループサウンズの東の雄、ザ・スパイダースと言えば、

その現役時代の足跡の大きさもさることながら、

解散後、元メンバーたちが音楽のみならず才能を発揮し、

もはや元スパイダース、という肩書すら不要になったほどの錚々たるメンツ揃いで、

その後の元メンバー活動を列挙しただけでも、

この稿だけではとてもとても足りなくなってしまう。

 

ごく簡単に、露出度の高そうな順に元メンバーを列挙してみよう。

 

いまだにテレビの第一線で、司会やタレント、俳優として活躍する堺正章

ソロの代表曲は『さらば恋人』(1971年/ by )。

俳優業では『西遊記』の孫悟空が代表作だろう。スパイダースでは主にボーカルを務めた。

 

同じく司会・俳優・タレント業でおなじみ、井上順。

ソロ代表曲は『昨日・今日・明日』(1971年/試聴はこの先から)、

『お世話になりました』(1971年/試聴はこの先から)、

そしてスパイダース時代のセルフカバーがリバイバルヒットした

『なんとなく なんとなく』(1995年/ by)。

スパイダースでは主にボーカルを務めた。

 

独特の風貌を持つ唯一無二のミュージシャンとして活躍し、

ムッシュ」の愛称でも親しまれた、かまやつひろし

ソロ代表曲は『どうにかなるさ』(1970年/ by)、

『わが良き友よ』(1975年/ by)、

ほかのミュージシャンへの楽曲提供に、

ちのはじめ『やつらの足音のバラード』(1974年/ by)、

立花理沙『大人はわかってくれない』(1987年/ by)などがある。

スパイダースでは主にソングライティングと、サイドギターを務めた。

 

楽曲提供やバンドマンとして活躍する井上堯之大野克夫

二人で『太陽にほえろ!メインテーマ』(1972年/試聴はこの先から)、

傷だらけの天使』テーマソング(1974年/試聴はこの先から)などドラマ音楽を手掛け、

井上堯之は、楽曲提供でPYG『自由に歩いて愛して』(1971年/ by)、

近藤雅彦『愚か者』(1987年/ジャニーズ関係は試聴できる環境がない)などがあり、

大野克夫は、沢田研二の『時の過ぎゆくままに』(1975年/ by

勝手にしやがれ』(1977年/ by)などの一連のヒット曲を連発し、

五木ひろし木の実ナナ『居酒屋』(1982年/ by )などの楽曲提供や

近年では『名探偵コナン テーマソング』(1996年/ by )などを手掛けている。

スパイダースでは、主に井上はリードギター、大野はキーボードを務めた。

 

今や大手の芸能プロダクション、田辺エージェンシーを立ち上げた

スパイダースのリーダーでドラムスの、田辺昭知。

新旧所属タレントには、スパイダースの各メンバーのほか、

タモリアルフィー、TUBE、永作博美堺雅人など枚挙にいとまがない。

 

スパイダース全盛期の主要メンバーの中では、ベースの加藤充のみが、

その後芸能界を引退し主に市井で活躍することとなる。

 

 

ごく簡単に述べただけでも、これだけの分量になってしまう。

 

いつまでもどこまでも[EPレコード 7inch] シングルジャケット/amazonより
バン・バン・バン

バン・バン・バン

これはかまやつひろしによるセルフカバー
  • 作詞・作曲・編曲 かまやつひろし
  • 1967年(昭和42年)10月25日、フィリップスレコードより「いつまでもどこまでも」のB面として発売
  • 歌詞はうたまっぷへ:バン・バン・バン ザ・スパイダース 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい:いつまでもどこまでも/バン・バン・バン - Wikipedia
  •  

    さて、忘れていないぜ『バン・バン・バン』。

    非常にシンプルなロック・ナンバーで、

    「♪とぼけた顔してババンバン」という、これまたとぼけた歌詞がナイス。

    そしてなんだかとっても歌いにくい。

    「♪バンバンババババババババーン」下手な早口言葉よりも難易度が高く、

    歌っているだけで、思わず照れ笑いのようにニヤけてしまう。

     

    そんな雰囲気もあって、たいへんご機嫌なナンバーなのだが、

    ライブパフォーマンスの楽しげな雰囲気が、レコードにうまく残せていないのが残念。

    個人的な感覚なのかもしれないのだけど、

    頭の中で鳴っている音と、レコードで聴く音の乖離が激しいのだ。

     

    同様な例はタイガースの『シーサイド・バウンド』(1967年/ by )、

    北島三郎の『まつり』(1984年/試聴はこの先から)、

    研ナオコの『夏をあきらめて』(1982年/ by )などいくつもあるが、

    これが最大級。レコードを聴くと、なんだかしっくりこなくて、

    クシャミが出そうで出ないときのような、もどかしさを感じてしまう。

     

    だけども、いったん曲を聴き終わりさえすれば、

    またもや頭の中で楽しく賑やかな「♪ババババンバーン」がはじまり、

    脳内パワープレイ*1へと発展するのだ。

    「♪ババンバン」

     

     

     

    意味が知りたい★ここんとこ 深読み&ななめ読み

    とぼけた顔

    とぼける、という言葉は少し面白い成り立ちをしていて、

    ボケる(惚ける・呆ける)に接頭語「と」をつけて強調するものになっている。

    「と」は漢字で書くと「途」かもしれない。

    ちなみに程度を上げると「すっとぼける」になる。

    無意識的<-- ぼけた顔 - とぼけた顔 - すっとぼけた顔 -->意識的

    のような関係がなりたつ。

     

    バン

    擬音語以外の何者でもないが、この「バン」はなんだろうか。

    ぱっと思いつくのがBang! Bang!、と銃の音なんだろうけど

    The Yellow Monkey『BURN』(1997年 by)での

    「♪バーン、バーン、バーン、バーン、バーン」は、タイトル通り「burn」(燃える)だし、

    The BeatlesMaxwell's Silver Hammer』(1969年/ by )での

    「♪Bang! Bang!」は金槌で恋人を撲殺する音だ。

    いずれにしても、割合物騒な言葉である。

    するてーと、なにか?

    ドリフの『いい湯だな』(1967年/試聴はこの先から)は、

    温泉場でドンパチ抗争するやくざモンの歌で

    児童曲『うたえバンバン』(1972年/ by)は鼻歌交じりに銃を乱射する歌で、

    スパイダースの『バン・バン・バン』は、素知らぬ顔で銃をぶっ放す歌か。

    そりゃあ、「♪アイツにゃとても敵わない」のは無理もないだろう。

    そしてチキチキバンバンやビリーバンバンやバンバンは危険物だということか!

    そんな馬鹿な!

     

     

    現在入手可能な収録CD/視聴可能
    やっぱ生で聴きたい人は、ライブ・イベント情報&チケット
    ▼ 堺正章
    icon icon
    ▼ 井上順
    icon icon
    ▼ 大野克夫
    icon icon

    ※該当曲を聴ける保証はありません。(ていうか、ないと思う。)

     

     

     

    脚注

    *1:ヘビーローテーションともいう。ラジオ番組などのキャンペーンで、イチ推しの曲を頻繁に流すこと。