日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

『青いスタスィオン』河合その子 ~ 青色は、空の青さと青春。スタスィオンは若気の到りか。

おそらく、何かのオムニバスCDに収録されていたものを

何の気も無くソングリストに加えていたのであろう。

これまで幾度となく玉石取り混ぜ聴いていたために、聴き知る曲となったが、

この稿を書くにあたって、はたと困ってしまった。

 

だれの歌う、なんて曲かわからない!

 

以前にも、車の中でこの曲に差し掛かったとき、

同乗者に「この歌なんて曲?」と聞かれることがたびたびあって

そのたびに、知らない。たぶん80年代くらいのアイドルの曲。

というような答え方をしていたと思う。

 

何度聴いても、どこかで聴いたことのあるような懐かしさを覚え、

そして何度聴いても、不思議と誰のなんという曲か調べようとは思わなかった。

聴いてしばらくは意識の浅いところに沁みこみ、

調べようとする頃には、深層に沈み込んでいたのだろうと思う。

 

 

 

あらためて、曲名を知るために、聞き取れる歌詞をネットで検索してみたが

「地図を持たない旅人」と検索しても湯川秀樹語録が出るばかりで引っかからない。

そして、思い出す限りの心当たりを何語か検索した結果

ようやく、おニャン子クラブのメンバー、河合その子のソロ曲で、

『青いスタスィオン』という、歌詞中に全く現れないタイトルを持つ曲だと知るに至る。

タイトルが歌詞に出てこない曲って、曲名覚えられないよね!

 

「スタスィオン」とは、英語で表記するとStationで「駅」のことだとか。

どうやらフランス語らしい。

日本語発音にないカタカナ表記が、スカしていてなんとなく鼻につく。

当時は、アイドル曲としてこのタイトルでよかったんだろうけど、

パッと印象に残りにくく、その後ほかで目にする機会のない言葉は、

後世に残すという観点からするとマイナスだったのだと思う。

 

いくら、アイドルソングは使い捨てで残りにくい*1といっても

自分の周りに「どこかで聴いたことがある」以上の知識を持った人間がいなかったことや

ITunesにも見当たらないことなどと、無関係ではないと思う。

 

 

当時、自分は日本の曲をぜんぜん聴いておらず、

またテレビもほとんど見ていなかったため、当時の状況はほとんどわからないし、

おそらくリアルタイムで見ていた人間からすると、知らない方がおかしいのかもしれないけど、

オリコン2種連続1位、年間10位のというビッグヒット曲で、

なおかつ、こんな印象のよいメロディーが、こうも残っていないことは、

この、あまりにもさりげない曲の持つ運命なのかもしれない。

 

 

f:id:outofjis:20181204221717j:plain ネットの拾い物(いけませぬ)
青いスタスィオン

青いスタスィオン

これはAKBによるカバーバージョン。アレンジがなんだかなぁ。
  • 作詞 秋元康、作曲・編曲 後藤次利
  • 1986年3月21日 CBSソニーより発売
  • オリコン2週連続1位(年間10位/1986年)
  • 歌詞はうたまっぷへ:青いスタスィオン 河合その子 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい:青いスタスィオン - Wikipedia
  •  

    まず、このエキゾチックな雰囲気に気を取られる。

    アコーディオンの音色と、遠くに響くきらびやかなマンドリンの音色と。

    郷愁をそそるアレンジが、つたなくも一生懸命な歌唱によく似合っている。

     

    駆けるような、弾むリズムは、列車がレールのつなぎ目で鳴らす

    カタンコトン」という音を模しているんだろうけど、

    最初のガシャン、という発車音のような号砲のために

    ゲートが開いて、一斉に駆け出す競走馬の足音に聴こえてしまうのはご愛嬌。

     

     

    少年の日の夢を求めて、

    都会へ旅立つ若者と、駅で見送る恋人。

     

    「夏の前」という、ある種中途半端な時期がポイント。

    一度はあきらめかけたけれど、あきらめることが出来なかった 

    そんな葛藤が、学生の区切り目である3月と4月の間から、

    数か月の時を必要とし、ようやく実行へと移されているのだろう。

     

    背中を押したのは、おそらく主人公。

    恋人の腕を押しのけ、駅のホームで見送るのだった。

     

     

    「♪思い出だけをそっと着替えて」

    というフレーズがとても意味深で、

    ふたりの想い出を無かったことにするわけでもなく、忘れてしまうのでもなく、

    そっとさりげなく、別の思い出として気持ちを切り替えてしまおうと歌う。

     

    着替えるだけだから、もう一度着ることもできるんだよ、

    と暗に自分に言い聞かせるように、ぎこちなくも決意しているように見える。

    自分でもそれを「そんな強がり」と表しているんだけれども。

     

     

    楽曲上もここのフレーズだけ、少し唐突で浮いているように聞こえるのは

    そのためだろうか。

    ここから、主旋律への戻り方がまたいいんだけどね。

     

     

     

    意味が知りたい★ここんとこ 深読み&ななめ読み

    スタスィオン

    前述のようにフランス語で、綴りは英語と同じstationだが、

    意味合いは駅というよりも、立ち寄り所くらいの意味らしい。

    でも、なぜか地下鉄の駅に関してはスタスィオンと称するという。

    ネイティブじゃないと、こういう細かいニュアンスは難しいわな。

    変に気取って「駅」をフランス語で称そうとした事に問題があると思われる。

     

     

    地図を持たない旅人

    これも前述のように、ノーベル賞学者・湯川秀樹の自伝にある言葉から来ている。

    「未知の世界を探求する人々は、地図を持たない旅人である」

    もしかすると、これも元ネタがある言葉なのかもしれないけど。

    目指す道も、経路もわからないで突き進むのは、

    思い切りが必要だよね。

     

     

    河合その子

    可愛いそうの子、という芸名ではなく、どうも本名らしい。

    ところで、作曲家、後藤次利の現在の奥さんであるという。

    後藤次利の奥さんもおニャン子であったのか!

    作詞の秋本康の奥さんもそうだし、アイドルグループ・SMAP木村拓也の奥さんも、

    トリオ芸人・ネプチューン名倉潤の奥さんも、おニャン子

    とんねるず石橋貴明の奥さんは、ちがうのかな?

    この程度の知識で云々言っていてゴメンナサイ。

     

     

     

    現在入手可能な収録CD/視聴可能

     

     

     

    脚注

    *1:当人が芸能界で活躍している限りは、どっかで残るが、引退したアイドルの曲は残りづらいよね。