日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100名曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

クレージー, キャッツ の検索結果:

曲名・人名さくいん ~

…ルキング Gray クレージーキャッツ グレープ globe 黒澤明 黒柳徹子 『グロリアス』 桑田佳祐 桑名正博 桑野信義 け 『Get A Grip』 『Get Along Together』 『Get Wild』 研ナオコ こ 小泉今日子 『恋のダイヤル6700』 『恋のバカンス』 『恋のフーガ』 『恋の予感』 『高原列車は行く』 小唄勝太郎 郷ひろみ 『go for it!』 甲本ヒロト 『氷の世界』 古賀政男 小坂明子 小坂一也 小坂洋二 『個人授業』 小杉仁三 小…

『ハイそれまでョ』 植木等 ~ 卓越した表現力はタチが悪い

…ようです by) 『クレージーの花嫁と七人の仲間』 (1962年4月公開) 『サラリーマンどんと節 気楽な稼業と来たもんだ』 (1962年5月公開。主題歌『ドント節』※試聴環境がないようです by) 『ニッポン無責任時代』 (1962年7月公開。主題歌『無責任一代男』※試聴環境がないようです by) なお、いわゆる「クレージー映画」と呼ばれるものは、 どういうわけか東宝配給の『ニッポン無責任時代』が1作目とされるため、 表題曲とカップリングの『無責任一代男』が、 初のクレージ…

『スーダラ節』 ハナ肇とクレージー・キャッツ ~ 生真面目にとほうもない脱力劇

サラリーマン哀歌の元祖ともいえる楽曲だが、 その突き抜けるまでの能天気なアレンジと歌唱が、 根底に流れる暗さを微塵も感じさせない、 浮かれた、酔いの境地に似た空間を醸し出している。 サビは、脱力を無限に発する 「♪スーイ スーイ スーダラダッダ スラスラ スイスイスイ」 ときたモンで、 どこかを泳いでいるのか、何かをそらんじているのか、 まあ意味も何もないのだろうが、とにかく強烈だ。 すっとぼけた管楽器の伴奏が、きらびやかに花を添えている。 そして何の必然性もなく、歌の直前の…