日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100名曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

ミス, コロムビア の検索結果:

『旅の夜風』 霧島昇・ミスコロムビア ~ 夜の比叡山を行くのは修験者だけじゃないじゃない

…:旅の夜風 霧島昇/ミス・コロムビア 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい:旅の夜風 - Wikipedia アコーディオンとフィドル*1による前奏に古き良き時代を感じるが、 歌が始まってしまえばもう時代は関係なく、良いものはいつのものも良いという感覚になる。 当時の曲としては比較的めずらしく、歌詞も文語調というよりは口語調に近く 難しい言い回しがあるものの、比較的わかりやすい感じがする。 歌詞だけをみて解釈し、現代語訳し…

曲名・人名さくいん ~

…フルズ え エアロスミス 『栄光の架橋』 『ABC』 永六輔 『駅』 『越冬つばめ』 F-Blood 『M』 L<->R 『エリーゼのために』 エレファントカシマシ 『エロティカ・セブン』 お お岩さん 大川栄策 『大きな玉ねぎの下で』 大黒摩季 『大阪で生まれた女』 『大空と大地の中で』 大瀧詠一 太田裕美 大野克夫 『Over』 大橋純子 オー・ヘンリー 大村雅朗 大山のぶ代 岡灯至夫 大友康平 岡本敦郎 岡本おさみ 岡本真夜 奥居香 奥田民生 他田舎人大嶋 小沢直与志 …

『東京ナイトクラブ』 松尾和子・フランク永井 ~ オ・ト・ナな男女の火アソビ劇場

…旅の夜風』(霧島昇・ミスコロムビア/1938年/※試聴環境がないようです by) に代表されるように、 爽やかな男女の恋心を、1番が女性、2番が男性(あるいはその逆)、 最後に男女のユニゾンと、ワンコーラスずつ交代持ち回りで ともに歌う曲が主流だったように思う。 ところがこの曲あたりを契機として、以降、 ワンフレーズ交代で男女が歌う”掛け合い”の方式が主流になり、 男女一緒に歌う場面では、ユニゾンではなくハモる*1ことも多くなった。 そしてのちの『男と女のラブゲーム』(葵司郎…