日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100名曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

嘉門達夫 の検索結果:

『銀座カンカン娘』高峰秀子 ~ 「銀座」は残った 柳とともに いつまでも

… *1:巷で言われる意味の多くは、後付けのもので、そうなってくると当事者たちの証言もほとんどアテにならない *2:この言い方のほうがよっぽど死語だ! *3:だから、この言い方のほうがよっぽど死語だって。 *4:ひょっとすると、この言い方も死語に近づいているかも! *5:正しくは、「♪チャラリー 鼻から牛乳~」(『鼻から牛乳』嘉門達夫/1992年/※試聴環境がないようです by)だが、ここまでくると何が「正しい」のか正直ワカラン。 *6:死語がないという前言撤回せにゃならんかも

『夏祭り』 whiteberry ~ 実のところ一発の花火だって打ちあがってはいないのだ

…うです by)。ピラフが出てくるのは嘉門達夫の『替え唄メドレー』(1991年) *3:【結果として迎々しくなってしまう傾向にある】逆に、セルフカバーと呼ばれる、楽曲を提供した作者が後から自分でカバーするものは、シンプルなものになる傾向がある *4:【ジッタリンジンのバージョンが、あまりにもシンプルすぎ】デモテープ音源か、ミニライブ音源か、はたまたオーバーダビング前のベーシックトラック音源か、と錯覚するようなシンプルさ *5:【かまびすしい】漢字で書くと、喧しい。やかましいの意

曲名・人名さくいん ~

…かもめが翔んだ日』 嘉門達夫 佳山明生 加山雄三 『硝子の少年』 『ガラスのメモリーズ』 狩人 『カルメン'77』 カレン・カーペンター 河合その子 川内康範 川口真 川崎康宏 『川の流れのように』 河邨文一郎 川村真澄 KAN 『ガンダーラ』 ガンズ・アンド・ローゼス 康珍化 き 樹木希林 『紀元二千六百年』 岸部一徳 来生たかお 『季節が君だけを変える』 『北ウイング』 『北酒場』 北島三郎 『北の宿から』 北原ミレイ 北山修 木戸泰弘 木梨憲武 喜納昌吉 『君がいるだけ…