日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100名曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

学生時代 の検索結果:

『学生時代』 ペギー葉山 ~ 思い出が美しすぎるにも限度がある

…。 今の感覚では、「学生時代」っていうと大学時代なんだろうけどね。 実際、作詞作曲を行った、青山学院大学出身の平岡精二は、 作成当初は大学のほうをイメージしていたようだ。 そして、この歌が登場した昭和39年(1964年)頃の、 女性の大学進学率(短大含む)は、このころようやく10%を越えた程度で、10人にひとりだ。 男女比率でいうと、女性は全体の約25%、男3人に対して、女ひとりの割合。 20世紀末には女性の進学率はほぼ50%に達し、男女比率もほぼ50%となった現代から見ると…

曲名・人名さくいん ~

…』 『学園天国』 『学生時代』 かぐや姫 『傘がない』 笠置シヅ子 春日八郎 風見しんご 数原晋 カズン 『風が吹いている』 加瀬邦彦 『花葬』 『勝手にしやがれ』 加藤茶 加藤和彦 門田ゆたか 『神奈川おどり』 『悲しき口笛』 『悲しみは雪のように』 加橋かつみ 上條恒彦 カミュ 『かもめが翔んだ日』 嘉門達夫 佳山明生 加山雄三 『硝子の少年』 『ガラスのメモリーズ』 狩人 『カルメン'77』 カレン・カーペンター 河合その子 川内康範 川口真 川崎康宏 『川の流れのよう…