日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100名曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

替え唄メドレー の検索結果:

『夏祭り』 whiteberry ~ 実のところ一発の花火だって打ちあがってはいないのだ

…うです by)。ピラフが出てくるのは嘉門達夫の『替え唄メドレー』(1991年) *3:【結果として迎々しくなってしまう傾向にある】逆に、セルフカバーと呼ばれる、楽曲を提供した作者が後から自分でカバーするものは、シンプルなものになる傾向がある *4:【ジッタリンジンのバージョンが、あまりにもシンプルすぎ】デモテープ音源か、ミニライブ音源か、はたまたオーバーダビング前のベーシックトラック音源か、と錯覚するようなシンプルさ *5:【かまびすしい】漢字で書くと、喧しい。やかましいの意

曲名・人名さくいん ~

…軍小唄』 海堂尊 『替え唄メドレー』 『帰って来たヨッパライ』 『帰ってこいよ』 『帰ってほしいの』 『楓』 『学園天国』 『学生時代』 かぐや姫 『傘がない』 笠置シヅ子 春日八郎 風見しんご 数原晋 カズン 『風が吹いている』 加瀬邦彦 『花葬』 『勝手にしやがれ』 加藤茶 加藤和彦 門田ゆたか 『神奈川おどり』 『悲しき口笛』 『悲しみは雪のように』 加橋かつみ 上條恒彦 カミュ 『かもめが翔んだ日』 嘉門達夫 佳山明生 加山雄三 『硝子の少年』 『ガラスのメモリーズ』…