日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100名曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

ABC の検索結果:

『喝采』 ちあきなおみ ~ タイトルがいいよね。曲の最後に拍手が聞こえてきそう。

いつものように──Macugaマクーガ ・Arekeyアーキー (誰?) ※意味はありません まったく意味の無い雰囲気だけの上の一文はともかくとして、 『喝采』といえば、コロッケの物まねヅラばかりが脳裏に浮かんできていけない。 ちあきなおみが比較的若く引退した*1からだな。きっと。 それもともかくとして、歌謡曲史上、最も衝撃的と名高い歌い出しがこれ。 「♪いつものように幕が開き 恋の歌 歌う私に 届いた報せは 黒いフチ取りがありました」 華やかな夢の舞台から一転、抗えない現実…

『月光』 鬼束ちひろ ~ 陽の光をわずかに映し、地上をかすかに照らす存在

やべぇ。出だしから歌詞をすごい勘違いしてた。 「♪ I am the last child」(私は最後の子ども)だとばかり思っていたのに、 正しくは「♪ I am God's child」(私は神の子)だったらしい。 どっちにしてもえらく大層で印象的な歌い出しであることに違いはないけど、 滅び行く世界にたった一人生まれた、最後の絶望、 というようなテーマで書き進めようと思っていた出鼻を 思いっ切り挫かれてしまった。 モノを語るときは、ちゃんと下調べしてから構想を練らないといけ…

『夏をあきらめて』 研ナオコ ~ ナイスカバー? yes. ナイスカバー。

ひとの持ち歌を歌うことを「カバー」という。 レコードにかぶせて歌うから、カバー。 つまりは、カラオケのイメージ。 ・・だと思っていたが、どうも違うらしい。 英語で"cover for ××"(××は人を指す) で、「××の代わりを務める」 という意味から来ている表現だそうで、要するに代役のこと。 なんだリメイクだと思っていたら、スペアだったか。 しかし、そんな本来の意味通りの代役や、 だれもが認める名曲を××が歌い上げる・・・というようなカラオケ状態のものではなく、 カーペン…

『ALICE』My Little Lover ~ 時計の針も逆さに回る、文字化けの森のアリス

たしか中学2年の時だったと思う。 英語の授業においてトンデモないことが流行した。 たとえば、日本語訳が『Aが~すると、決まってBは…になる』 という英語構文があったとする。 この「~」を「ピー」、「…」を「プー」などと読むのだ。 たったそれだけのことではあるが、 『Aがピーすると、決まってBはプーになる』 まあ、なんということでしょう。 つまらないハズの英語の文法が、実に意味ありげで素敵に危険な言葉に 変貌を遂げるではありませんか! ・・・今考えるとこれは大変やばい。 当時で…

『アメリカン・フィーリング』 サーカス ~ 滑川市民に告ぐ!今こそ立ち上がれ!

…5人兄弟のバンド。『ABC』(1970年/※試聴環境がないようです by )、『帰ってほしいの』(1969年/※試聴環境がないようです by )、『アイルビーゼア』(1970年/※試聴環境がないようです by )など多くのヒット曲を持つ。なお、妹のジャネット・ジャクソンはジャクソン5には参加していないことを今回初めて知った。 *8:『恋のダイヤル6700』(1973年/※試聴環境がないようです by )、『学園天国』(1974年/※試聴環境がないようです by)、『個人授業』…

『世界中の誰よりきっと』 中山美穂 & WANDS ~ オマエの日本語ってなんだか変だよな。イヤ解るけどさ

キャッチ―でメロディアスなんだけど、 なんだかとっても捉えどころのない曲。 なにより歌詞の意味するところが曖昧で ちっとも直接的でない。 歌ってて小恥ずかしくなるようなラブソングでもなければ、 心揺さぶる熱いメッセージソングでもない。 身近な恋に気付いた歌とも取れるし、夢破れた歌とも取れる。 主人公は男とも取れるし、女でも行ける。 だれが歌ってもおかしくない。 ないないないないづくし。 そんでもって、メロディーの音域も広くないし、リズムも単純だし、 要するに、だれにでも歌いや…

『め組のひと』 ラッツ&スター ~ べらんめえ女とそれを取り巻くナンパ男たち

浮かれたバブル期の到来を予感させるような ラテン風でトロピカルな曲調*1とは裏腹に、 「いなせだね」 「目元流し目」 「粋なこと」 「め組のひと」 「気もそぞろ」 と、やけに古風な言い回しが目に付く。 視線の力と妖しい魅力で、男たちを虜にしていく女を歌った歌だが、 その容姿を表現する言葉はほとんど出てこない。 「髪に飾った花」「細い腰」 という表現だけで、水着かどうかすらわからない。 シングルジャケット/amazonより め組のひとラッツ & スターJ-Pop¥250prov…

曲名・人名さくいん ~

… 『栄光の架橋』 『ABC』 永六輔 『駅』 『越冬つばめ』 F-Blood 『M』 L<->R 『エリーゼのために』 エレファントカシマシ 『エロティカ・セブン』 お お岩さん 大川栄策 『大きな玉ねぎの下で』 大黒摩季 『大阪で生まれた女』 『大空と大地の中で』 大瀧詠一 太田裕美 大野克夫 『Over』 大橋純子 オー・ヘンリー 大村雅朗 大山のぶ代 岡灯至夫 大友康平 岡本敦郎 岡本おさみ 岡本真夜 奥居香 奥田民生 他田舎人大嶋 小沢直与志 小田裕一郎 『男と女のラ…