日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

『Get Wild』TM Network ~ 強迫観念に負けないよう、ワイルド願望にすがる二人

正直言って、未だにこの『Get Wild』という曲を

どうやって評価していいものだか、決めかねている。

 

「100名曲」に入れようともしたし、その後も何回か書きかけては、

書きあぐねて、書けなくて、その繰り返し。

 

その後のミュージックシーンの、ひとつの転換点であることは解るのよ。

もちろんいい曲であることもね。

だけで何だかしっくりこない。ストンと腑に落ちない。

最後に自分の背中を押すのに、何か些細なひっかかりがあるようなのだ。

 

 

それは例えるなら、かの村上春樹の小説を、まわりの高評価に触れるにつけ、

そうかな、と思い何冊か手を付けてみているものの、

これぞ、という手ごたえを掴めずにいることと、似ているかもしれない。

 

 

なんとなく感じているのは、自分が物足りなく感じてしまう原因は、 

「熱っぽさ」の不足にあるのかもしれないこと。

しかし、カラッとした熱のなさ、もっと言い換えれば汗臭さのなさが、

この曲の魅力のひとつでもあるから、はっきりいって、これはジレンマだ。

 

 

さぁ、どうすっかな。

 

シングルジャケット/駿河屋より
Get Wild

Get Wild

 
  • 作詞 小室みつ子、作曲・編曲 小室哲哉
  • 1987年4月8日、エピック・ソニー・レコードより発売
  • オリコン最高位9位(年間22位/1987年)
  • 歌詞はうたまっぷへ: Get Wild TM NETWORK 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい:Get Wild - Wikipedia
  •  

    困ったときの”歌詞”頼み、小室みつ子による歌詞に目を向けてみよう。

     

    と、その前に、話がそれるが、「T.M Network」というバンド名について。

    当時、そのネーミングは、作曲者と作詞者の、両小室氏、

    "Tetsuya - Mitsuko Network"から来ていると思っていた。

    のちに"Time Machine Network"と称したり、"TMN"と称したりするのを見て

    二人の縁が切れたのかと、ゲスの勘繰りをしていたものだが、

    その実は「多摩ネットワーク」が由来だとか*1。いやはや。

     

     

     

    「♪アスファルト タイヤを切りつけながら」

    という表現が実におもしろい。

    普通に考えるのであれば

    タイヤが、アスファルトを切りつけるように走るのであって、

    動かないアスファルトの地面が、タイヤに向かって切りつけるように

    迫ってくることはないはずなのだ。

     

    ここに主人公の、能動的ではなく受動的なものの捉え方を見ることが出来る。

    やっていることは同じでも、自分が暗闇を切り裂いて進んでいると感じるか、

    暗闇の中に浮かび上がるアスファルトの地面が、自分に迫ってくるように感じるかの違いだ。

     

    次の歌詞で、「♪チープなスリルに身をまかせても 明日におびえていた」

    といっていることからも、

    自分に「迫ってくるもの」に恐れを抱いている主人公の心理が見て取れる。

     

     

    ところで、この時主人公はひとりでいるわけではないらしく、

    「you」だの「君」だのがそこここに登場する。

     

    似たもの同士のカップルらしく、ただ傷を舐め合うことに疲れてもいるようだ。

    君や僕、お互いのためではなく、ほかの誰かのためであれば

    そんな恐怖を克服できるかもしれない、と感じている。

     

    「♪君だけが守れるものがどこかにあるさ」

    「♪ひとりでも傷ついた夢を取り戻すよ」

    どこかにある、ということは、ここにはない、と言い換えることが出来る。

    そしてどこか突き放したような、一人でもやっていける勧告。

    これは、もたれあいの現状にんで、

    恋人に別れを告げる歌なのかもしれない。

     

     

     

    "Get Wild"。ワイルドであれ!

    "Get Tough"。タフであれ!

    "Get Chance"。チャンスをつかめ!

    "Get Luck"。幸運をつかめ!

     

    どの口が言っているんだ、と突っ込みたくもなる、

    熱っぽさのカケラもない、ないものねだりなワイルド&タフ宣言が、

    ちょっとだけ痛かったりする。

     

     

    意味が知りたい★ここんとこ 深読み&ななめ読み

    It's your pain, or my pain, or somebody's pain

    It's your dream, or my dream, or somebody's dream

    なんて歌っているか全然聞き取れないけど、

    文字に起こすとわかりやすい。

     

    それは、君の痛みか、僕の痛みか、それともほかの誰かの痛みなのか。

    それは、君の夢か、僕の夢か、それともほかの誰かの夢なのか。

     

     

     

     

     

     

    現在入手可能な収録CD/視聴可能
    Gift for Fanks(DVD付)

    Gift for Fanks(DVD付)

     ↑CD4枚すべてGetWild。様々なバージョンの同曲を収録したいかれたCD。
    やっぱ生で聴きたい人は、ライブ・イベント情報&チケット

    ※該当曲を聴ける保証はありません。

     

     

     

    脚注

    *1:もっとも、これに限らず由来の公称なんてのは実にアテにならず、後付けであることも多い。当初はダブルミーニングでもトリプルミーニングでもあったはずなのに、他を排して一つの由来が正式だとされるものとよく見かける。そのいい例は「サントリー」だったり、「DVD」だったりする。それぞれ、「由来」をつけて検索してみよう!