日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

1991~1995

『Hello, Again ~昔からある場所~』 /My Little Lover ~ 君と、僕と、冒険心と、ほんの少しの郷愁と。

詩と、小説との一番の大きな違いは、 周囲の状況や、登場人物が誰であるか 具体的に語られないところにあると思う。 小説だったら、光景がぱっと眼前に浮かぶような風景の描写から始まり、 名指しで書かれた主人公が、いま何をしている、 そんなところからス…

『KNOCKIN' ON YOUR DOOR』 L<->R ~つたなさがにじむ青い応援歌

「♪あのきむにゅどぅ~」 いや、言えてないし(笑)。 テレビの音楽番組というものを全く見ないため、 歌は知ってても、誰のなんていう曲か まったく知らないなんてことがざらにある。 L<->Rとかいう妙な名前のバンド*1の、 「Knokin' on your door」という…

『夏を待ちきれなくて』 TUBE ~ 覆水盆に還らず、という言葉を知らんのか。

いいよ、君が望むなら別れよう。 だけどまたすぐに恋人同士に戻れるさ! もうすぐ夏がやってくるからね! 「♪サヨナラから始めよう 燃えるような恋してみよう」 「♪もう一度やり直せそう 夏を待ちきれなくて」 ポジティブ・シンキングにもほどがある。 何の…

『世界中の誰よりきっと』 中山美穂 & WANDS ~ オマエの日本語ってなんだか変だよな。イヤ解るけどさ

キャッチ―でメロディアスなんだけど、 なんだかとっても捉えどころのない曲。 なにより歌詞の意味するところが曖昧で ちっとも直接的でない。 歌ってて小恥ずかしくなるようなラブソングでもなければ、 心揺さぶる熱いメッセージソングでもない。 身近な恋に…

『Love Phantom』 B'z ~ 自身の作り出した亡霊に振り回され自暴自棄になるお話

B'zの松本孝弘というギタリストは、 自分で作曲とアレンジを行っていて、 かなりのテクニックを誇示しているクセに、 なぜか、一歩引いている印象を受ける。 自己顕示が少ないんじゃないかと。 わかる人にだけわかってもらえれば、OK。 少なくともレコードで…

『太陽が燃えている』 ザ・イエロー・モンキー ~ 妙に説得力のある骨太サウンド

まったくの個人的観点からすれば、 バンド・サウンドのベストはイエモンだと思う。 おそらく意識的に高音と重低音を排除し、 中低音にどっかと据えた骨太のサウンドに、 話し言葉のような日本語を載せている。 そのせいか、歌詞カードがなくても 何をしゃべ…

『ロビンソン』 スピッツ ~ 他力本願か。メルヘン主導の雰囲気先行曲

日本の流行歌史上、大きな位置を占めるこの曲は 「君」を何と解釈するかによって、 大きく意味が変わってくる。 そもそも全体に抽象的で、暗喩のようなキーワードばかりで 何を言っているのかさっぱりわからないのだ。 普通にラブソングとして考えれば、 「…

『歩いて帰ろう』 斉藤和義 ~ レールからの脱却へのささやかな第一歩

歌詞を見ると案外愚痴っぽいのに、 なんだかとってもハッピーなうた。 みんなでワイワイと適当な楽器を持ち寄って、 せーので演奏してみるだけで、たぶんきっと 下手なりにもみんなハッピーになれる。 タンバリンをシャリシャリ鳴らしているだけでもいい。 …

『夏の日の1993』 class ~ 時代の粋を集めたバカップルの一発曲

好くぞ名付けたり、『夏の日の1993』 これで1993年の夏のヒット曲でなければ 嘘を通り越してペテンである。 リアルタイムの年を冠した曲はいくつかあれど*1、 実際は歌詞に登場しない記念碑的タイトルがほとんどで、 そのままズバリをメインの歌詞に据えてヒ…

『島唄』 ザ・ブーム ~ さとうきび畑、現代沖縄語訳

沖縄音楽の最大のヒットが、 このヤマトンチュ*1による『島唄』だったのは、 ちょっとした皮肉だったろうか。 しかし、 『ハイサイおじさん』*2(1976年)や 『すべての人の心に花を』(1980年)の喜納昌吉らが 長年かけてコツコツと浸透させてきた沖縄音楽…

『君がいるだけで』 米米クラブ ~ 移り気男の本命アピールタイム。そう、例えば、、、

おそらく本人たちも意図せぬままに、 トップまで登り詰めてしまった偉大なるマイナー、 米米クラブ*1。 この歌も、もしかしたら元々は トレンディー路線のポップスに対するパロディだったのかもしれない。 例えば、『君がいるだけで、心が強くなれる』 なん…

『悲しみは雪のように』 浜田省吾 ~ どんなに積もっても、いつかは解けるんだ

心の叫びを絞り出すような、心に響くメロディーに おもわず勘違いしそうになるが、 「♪心の底から誰かを愛することができるはず」 「♪誰もが Wow.. 愛する人の前を気づかずに通り過ぎてく」 自分の思いに気付いてくれない人に対して 遠回しに愛を伝えている…

『さよなら夏の日』 山下達郎 ~ 勝手な解釈は聴き手の自由だ(くれぐれも自己責任で)

毎回、もっともらしく歌詞の解説をしているが、 実はシチュエーションの設定次第で 解釈はどうとでもなることも多い。 こういうのを曲の懐の広さ、という。 曲に懐の広さがあるからこそ、人はその中に 自分の実体験や、見聞きした物語との共通点を見出し た…

『花咲く旅路』 原由子 ~ 花びらの紫色は人生の色

ときはまだバブル景気を引きずっているころ。 すべてが浮かれまくって 「♪24時間戦えますか?」なんて歌が流行った時代だが、 (『勇気のしるし』(牛若丸三郎太*1/1989年/※試聴環境がないようです by)) どういうわけかこの時代は、ノスタルジックな曲が…