読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介

1901~1950

『東京ラプソディ』 藤山一郎 ~ 華やかさの裏に忍び寄る影

そもそもラプソディとは何ぞや、 という疑問が先に立つ。 この、1936年の『東京ラプソディ』をはじめ、 『ボヘミアン・ラプソディ』(クィーン/1975年) 『新しいラプソディ』(井上陽水/1986年) 『ラプソディ・イン・ブルー』(DA PUMP/1998年)*1 など…

『東京音頭』 小唄勝太郎・三島一声 ~ 1932年生まれ、今なお現役。20世紀最大のヒット曲

「♪ハァ~」で始まる曲は数多くあれど、 その最高峰に位置し、いまだに盆踊りの代表曲であるこの曲は、 なんと1933年(昭和8年)のリリース。 三味線と小太鼓、合いの手の掛け声という、お座敷唄の様式をベースに、 太鼓と管弦楽伴奏を加えて音に厚みを持た…

『東京キッド』 美空ひばり ~ その音質は時代の音なのか

「♪右のポッケにゃ夢がある、左のポッケにゃチューインガム」 映画を見たことはなくても、 ズボンのポケットに手を突っ込んで歌う 子役時代の美空ひばりの映像とひっくるめて 記憶している人が多いのではないだろうか*1。 まさに自分がそうだ。 それはさてお…

『長崎の鐘』 藤山一郎 ~ にわかな光明を瞬時に覆い尽くす闇

いうまでもなく、長崎での戦災をテーマにした曲。 直接的に原爆を表す表現は出てこないものの、 誰もがそれを連想せざるを得ない。 ということで、曲調も、歌詞も かなり重苦しい雰囲気を醸し出している。 とても美しいメロディーラインの曲なのだが、とても…

『誰か故郷を想はざる』 霧島昇 ~ まるで縦横無尽の格ゲーコマンド

はじめてこの曲を知ったのは、どういうわけか 夢路いとし・喜味こいし*1 の漫才だった 当時はやりだった、TVの演芸番組*2をカセットテープに録って、 ヘッドホンステレオ*3なんかで聴いていたのだが どういうわけか漫才の途中でいきなりこの曲が始まり、 し…