日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100名曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

加藤茶 の検索結果:

『ドリフのズンドコ節』 ザ・ドリフターズ ~ カバー王者、ドリフのキレッキレソング

…りや長介のベースや、加藤茶のドラムスは、 コミックバンドの割には、という注釈が付くものの今でも評価が高いくらいで*4、 彼らの演奏であった可能性を、完成度から否定することはできない。 荒井注ボーカルの時に、彼の担当楽器であるピアノの音が 一番よく聞き取れることからも、その可能性を捨てきれないが、 なにせこの時期のドリフターズの忙しさったらなく、 果たして、練習、オケの録音、歌撮りとしている時間が取れたかどうか。 だからというわけではないが、テレビ収録での演奏でも、 彼らがズン…

『洒落男』二村定一 ~ 流行は廃れる危険を考慮しないと、すぐに意味不明になる

…めの丸眼鏡の通称。 加藤茶扮するハゲオヤジがしている眼鏡。 オロナミンCの大村崑や、東海林太郎という例えは古すぎるか。 セーラーのズボン セーラー服というと、女子の学生服になってしまっている感があるが。 元々は海軍(セーラー)の軍服。ちなみに男子の詰襟は陸軍の軍服。 数は少なくなってきているが、 未成年の男女が正装として軍服を模した格好をする不思議の国。 ボップヘアー なんてことはない、今でいうボブヘアーのこと。 今も昔もボブという言い方が主流なので、半分意識的な誤用かもしれ…

曲名・人名さくいん ~

…『勝手にしやがれ』 加藤茶 加藤和彦 門田ゆたか 『神奈川おどり』 『悲しき口笛』 『悲しみは雪のように』 加橋かつみ 上條恒彦 カミュ 『かもめが翔んだ日』 嘉門達夫 佳山明生 加山雄三 『硝子の少年』 『ガラスのメモリーズ』 狩人 『カルメン'77』 カレン・カーペンター 河合その子 川内康範 川口真 川崎康宏 『川の流れのように』 河邨文一郎 川村真澄 KAN 『ガンダーラ』 ガンズ・アンド・ローゼス 康珍化 き 樹木希林 『紀元二千六百年』 岸部一徳 来生たかお 『季…