日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100名曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

牛若丸 の検索結果:

『日立の樹』ヒデ夕樹・朝礼志 ~ この歌なんの歌 気になる歌 見たことのあるCMだ!

…るし』(1989年/牛若丸三郎太/※試聴環境がないようです by) 『応援歌、いきます』(1991年/細川たかし/※試聴環境がないようです by) 『男と女のラブゲーム』(1987年/日野美歌・葵司朗/※試聴環境がないようです by) 『気分爽快』(1994年/森高千里/※試聴環境がないようです by) 『風のエオリア』(1988年/徳永英明/※試聴環境がないようです by) など、これも際限なく出てくる。この辺でやめよう。 やめるやめる言って、全然止まらないかっぱえびせん状…

『花咲く旅路』 原由子 ~ 花びらの紫色は人生の色

…(『勇気のしるし』(牛若丸三郎太*1/1989年/※試聴環境がないようです by)) どういうわけかこの時代は、ノスタルジックな曲が特に目立つ。 浮かれすぎた反動なのか、あるいは、余裕があると人は過去を振り返りたがるのか。 「♪遥かなる空の果て 想い出が駆け巡る なだらかな このなだらかな 名前さえ知らない坂だけど」 10年おきぐらいにいろんなCMソングに採用されているため、 メロディーはよく知られていると思うが、 誰のなんていう曲か、は意外と知られていないようだ。 サザンオ…

『大きな玉ねぎの下で』 爆風スランプ ~ 純粋な少年が大人になる、通りゃんせ通りゃんせ

…(擬宝珠)のこと。 牛若丸と弁慶が戦った五条大橋の欄干や、 黒柳徹子や塩沢ときのてっぺんについているあれ。 ちなみに、「武道館」や「コンサート」を直接指す言葉が全く出てこないのが、この歌のキモ。 九段下、千鳥ヶ淵、屋根の上の・・・玉ねぎ、 ときて、ああ日本武道館ね、と知っている人にだけ分かる仕組みになっている。 主人公が贈ったチケットが、柔道やボクシングのものではなく、コンサートのチケットだと 判明するのが「アンコールの拍手」のくだり・・なのだが いや、ひょっとするとプロレス…

曲名・人名さくいん ~

…テッド』 宇崎竜童 牛若丸 牛若丸三郎太 内山田洋 宇宙人ジョーンズ 『ウソツキ』 宇多田ヒカル 『海のスケッチ』 『ウラBTTB』 売野雅勇 『ウルトラマンガイア!』 ウルフルズ え エアロスミス 『栄光の架橋』 『ABC』 永六輔 『駅』 『越冬つばめ』 F-Blood 『M』 L<->R 『エリーゼのために』 エレファントカシマシ 『エロティカ・セブン』 お お岩さん 大川栄策 『大きな玉ねぎの下で』 大黒摩季 『大阪で生まれた女』 『大空と大地の中で』 大瀧詠一 太田…