日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100名曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

旅の夜風 の検索結果:

『旅の夜風』 霧島昇・ミスコロムビア ~ 夜の比叡山を行くのは修験者だけじゃないじゃない

…だからっ! さて、『旅の夜風』という曲名にピンと来なくても、 映画『愛染かつら』の主題歌として、 「♪花も嵐も踏み越えて 行くが男の生きる道」という出だしの部分をきけば、 ああ、これは絶対どこかで聴いたこともある、と合点がいく。 この曲は同じ昭和とはいえ、ずいぶんと時代がさかのぼって日中戦争のさなか、 戦前である昭和13年(1938年)のリリース。 ここまでくれば、もはやだれもが歴史時代であると認識することは疑う余地もない。 この当時は写真は当たり前に白黒で、映画はあるがテレ…

曲名・人名さくいん ~

… DA PUMP 『旅の夜風』 玉川カルテット 玉置浩二 田宮伊右衛門 田村アキヒロ 『DA.YO.NE.』 『だれかが風の中で』 『誰か故郷を思はざる』 『誰より好きなのに』 『炭坑節』 『だんご3兄弟』 『タンゴ・ノアール』 『ダンシング・クイーン』 『ダンシング夏祭り!』 『ダンチョネ節』 『探偵物語』 ち 『ちいさい秋みつけた』 チェッカーズ 『チェリー』 チェリッシュ Chage And ASKA チャック・ベリー 『チャンピオン』 『中央フリーウェイ』 TUBE …

『東京ナイトクラブ』 松尾和子・フランク永井 ~ オ・ト・ナな男女の火アソビ劇場

…です by)や、 『旅の夜風』(霧島昇・ミスコロムビア/1938年/※試聴環境がないようです by) に代表されるように、 爽やかな男女の恋心を、1番が女性、2番が男性(あるいはその逆)、 最後に男女のユニゾンと、ワンコーラスずつ交代持ち回りで ともに歌う曲が主流だったように思う。 ところがこの曲あたりを契機として、以降、 ワンフレーズ交代で男女が歌う”掛け合い”の方式が主流になり、 男女一緒に歌う場面では、ユニゾンではなくハモる*1ことも多くなった。 そしてのちの『男と女の…

『誰か故郷を想はざる』 霧島昇 ~ まるで縦横無尽の格ゲーコマンド

…ム】大歌手 霧島昇~旅の夜風・誰か故郷を想わざる~ [ 霧島昇 ]価格: 2886 円楽天で詳細を見る ライブはもう見ることができないので、映像をどうぞ www.youtube.com 脚注 *1:【夢路いとし・喜味こいし】もう亡くなってだいぶ久しい漫才界の大御所。大御所を通り越して、当時でも結構なじいちゃんだった。 *2:【演芸番組】「漫才ブーム」と呼ばれていたものの名残がそのころまだあり、漫才や落語、手品などの舞台芸を集めたネタ見せ番組が残っていた。 *3:【ヘッドホンス…