日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

『川の流れのように』 美空ひばり ~ 平成は昭和の大きな残響から始まった

時系列から整理してみよう。

時は平成元年。

 

1月8日に始まった、平成のわずか4日目に

この曲はシングルカットされた。

平成元年(1989年)1月11日のこと。

 

以下、昭和と平成の境目を反復するように時をたどる。

 

さかのぼって、およそひと月前。

この曲の初出は前年12月のCDアルバム『不死鳥パートII』。

昭和63年(1988年)12月1日発売。

 

時はくだって、昭和最後の日からちょうど1か月後。

体調不良のため、わずか2日目で中止となるツアーの

生涯最後となる公演。

平成元年(1989年)2月7日。福岡県小倉でのこと。

 

昭和63年、昭和64年、そして平成元年。

これらがわずか10週間たらずの出来事だった。

前半は昭和天皇の容態を慮っての自粛ムード*1に始まり、

世間が天皇崩御の喪に服す間に、自らの体調から現役引退を余儀なくされた。

 

そして、最後のステージから半年もたたずに、

美空ひばり本人もまた、還らぬ人となった。

平成元年(1989年)6月24日。

 

 

こんな運命をたどった曲が売れないわけがない。

ましてや、一定水準以上の楽曲であればなおさらだ。

 

 

川の流れのように ?不死鳥パートII
アルバムジャケット/amazonより
 
  • 作詞 秋元康、作曲 見岳章、編曲 竜崎孝路
  • 1988年(昭和63年)12月1日、アルバム「川の流れのように 不死鳥パートII」収録
  • オリコン最高位8位(年間35位/1989年)
  • 歌詞はうたまっぷへ:川の流れのように 美空ひばり 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい: 川の流れのように - Wikipedia
  •  

     

    皆がこの曲に、昭和の時代を重ね合わせたことは想像に難くない。

    「♪知らず知らず歩いてきた細く長いこの道 振り返ればはるか遠く故郷が見える」

    この瞬間において、昭和とは、ほぼすべての日本人が、

    その人生の大半を歩んできた時代だからだ。

    62歳未満の人は人生のすべてを*2、124歳未満の人は人生の半分以上を*3

    昭和という時代に生きてきた。

     

     

     

    もう一つ有名なエピソードがある。

    シングルリリースのちょうど3か月前の昭和63年(1988年)10月11日、

    新作アルバム「不死鳥パートII」の制作に先立ち行われた記者会見で、

    シングルカットを予定していた『ハハハ』(1988年/試聴はこの先から)を

    前面に推し出すはずが、スタッフの意に反して

    美空ひばりが『川の流れのように』を推す予定外の発言をした。

     

    このエピソードを聴いていつも連想するのが、映画「ローマの休日」。

    王女が記者会見で、外遊先の国々のどこが一番印象に残ったかを尋ねられ、

    いずれの場所も印象深く・・といいかけて、

    「ローマ!」と答えた、クライマックスのシーン。

    周囲の思惑をよそに、本人の強い気持ちが言葉になって現れた場面だ。

     

     

    昭和63年(1988年)10月28日のレコーディング本番を迎え、

    美空ひばりの強い希望によりシングル曲が差し替えられた。

     

     

     

    かくしてこの曲は、昭和の終焉の象徴になった。

    個人的には、スタンダード然したアレンジが結構鼻につく*4が、

    それを差し引いても、名曲であることに変わりはない。 

     

     

     

     

     

    名曲・聴きドコロ★マニアックス

    スタンダード、スタンダード、した曲だけあって、

    特筆すべきような特徴はほとんどない。

    ベース・ドラムスによるリズム隊の、

    なんとも単調なことよ。

     

    あえて面白い部分を挙げれば、サビの直前の

    「♪それもまた人生」

    の部分、音階を半音ずつ上げ歩むメロディくらいだろうか。

     

     

    ようは、時の偶然ともいえる状況がなければ

    広く知られてれていたかどうかすら

    わからない曲だということだ。

     

    運命のなせる業の、何とも不思議なことよ 。

     

     

    意味が知りたい★ここんとこ 深読み&ななめ読み

    「細く長いこの道」

    個人のたどった足跡のか細さを表現しているのか。

    自分で切り開いて出来上がった道を振り返る。

     

     

    川の流れのように

    一方で、自分の意思とは関係なく

    ただ移り変わって行く季節や時代を川で表現している。

     

    もうちょっと、この道と川の対比が

    うまく行っていればよかったのにね。

    最初からシングルにするつもりでつくていたら

    ちょっとは違っていたかもしれない。

     

     

    amazonで現在入手可能な収録CD 18曲目/試聴可能

    美空ひばりベスト 1964~1989 (紅盤)

    美空ひばりベスト 1964~1989 (紅盤)

     

    これは生涯最後になったステージからの音源。

    試聴可能だが、現在は廃盤になっているようだ。

     

    脚注

    *1:このときに若干と書いてじゃっかんと読むことを初めて知った。下血という言葉もね。毎日容態がどうのと言って、吐血量や下血量をニュースでやってたから。天皇家の人々には基本的人権が存在しないと認識したきっかけでもあった。

    *2:なんで62歳かというと、昭和元年、昭和64年ともに7日間しかなかったため。実質昭和は62年間とプラス2週間しかなかったため。

    *3:124歳なんて、泉重千代(120歳で没。諸説あるようだが、江戸時代生まれの最後の生き残り。この人も亡くなった時に大きなニュースになった。)も成し遂げなかった年齢なので、いないというのが正しい

    *4:作詞兼プロデュースの秋元康が、ことあるごとにこの曲に対する手柄をアピールしているのもね