日本百名曲 -20世紀篇-

20世紀の日本の歌曲から、独断と偏見で100曲を紹介(500名曲もやるぜよ)

『まちぶせ』 石川ひとみ ~ ストーカーという概念の有無で、曲の印象がまるで違う!

この曲の作者である、ユーミンこと松任谷由実
のちに「荒井由実」名義でセルフカバーしたときには
ストーカー気質の怖い女扱いされた、この曲の主人公だが、
まぁ、確かに文字通り捉えるならばかなり怖い女だ。

「あなた」と「あの娘」の恋人同士のテーブルに、
ずかずかとわり込んで「♪テーブルを挟んであなたを熱く見た」り
「あの娘」が振られたという噂を耳にしてからは、
あろうことか「♪別の人がくれたラブレター見せたり」と、
人の迷惑も顧みず、やりたい放題だ。
歌詞に出てこない「まちぶせ」というタイトルも、 
男を待ち伏せするハンターのさまを連想させる。

何より怖いのが、「♪好きだったのよ あなた」と過去形であることだ。
好きだったのが過去形なのに、男を振り向かせようとする。
振り向かせた挙句、こっぴどく振る気なのだろうか。
これは逆恨みからくる復讐劇なのかと勘ぐってしまう。



そんなふうに、90年代に松任谷由実が歌ったときには、
ちょうど「ストーカー」という言葉が一般化してきた時流もあって
まさしくストーカーの歌だ、という受けとられ方をしていたけど、
石川ひとみが歌った80年代*1においては、ちょっとヤな感じもする奴だけど、
せいいっぱい背伸びして、小悪魔を気取って強がっている女の子の歌、
というような受けとられ方をしていたと思う。

歌い手のイメージや、年齢によるところも大きいのは事実だが、
なにより、ストーカーという概念が存在しなかった時代と、
世間にストーカーの何たるかが浸透しきっている時代とで、
歌詞から連想されるイメージがまるでちがう、というのが実際のところだろう。

当時は、おっかない女だなぁ、という印象を受けても
決して恐怖の対象ではなかったのは間違いない。
けど、今だったら、こういう人がいたらちょっとした恐怖だもんね。

【検聴合格】↑針飛びしない画像の安心レコード】美盤!・稀少盤1981年・石川ひとみ「まちぶせ/懐かしきリフレイン」【EP】 シングルジャケット/amazonより
まちぶせ

まちぶせ

 
  • 作詞・作曲 荒井由実、編曲 松任谷正隆
  • 1981年4月21日、キャニオンレコードより発売
  •  
  • オリコン最高位6位(年間33位/1981年)
  • 歌詞はうたまっぷへ:まちぶせ 石川ひとみ 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
  • 曲にまつわる背景などはwikipediaにくわしい:まちぶせ - Wikipedia

  • だけど、決して陰湿な感じを受けないのがこの曲のキモ。
    カラッとした雰囲気を演出しているのは、
    跳ねるように小刻みなフレーズをもつメロディーだろう。

    音を伸ばしている部分も、
    「♪好きだ~ったのよ あ~なた~」と歌っているハズなのに、
    延ばしている音が分離しているように聞こえるため
    「♪好きだあったのよ ああなたあ」と歌っているように聞こえるし、
    むしろ意識的にそう歌っている可能性もある。 

    おそらくこのメロディーを譜面におこしてみると、
    4分音符ひとつの音は、同じ音階の8分音符ふたつ、
    もしくは8分音符と8分休符ひとつずつで表現されるのではないかと思う。
    「♪ゆ~ぐれの まちか~ど」ではなく、「♪ゆうぐれのっ まちかぁど」って具合にね。

    さらに意識してか無意識か、おなじ発音(もしくは同じ母音)の音が
    連続して出現するのが頻繁にみてとれるのも気になるところだ。
    ゆうぐれの街角 のぞいた喫茶店 ほほみ見ぃつめあう・・・
    「ほほえみみ~」の部分なんて、ひらがなで表記すると、なんだか異様だもんね。
    まるで「かたたたき」みたいじゃないか。

    普通は発音が重なると歌いにくくなるから避けるところを、
    歌いにくくなるからこそ、一音一音丁寧に歌うように仕向けられているのかもしれない。




    意味が知りたい★ここんとこ 深読み&ななめ読み

    言い寄る
    異性からのアプローチを指す言葉だが、あまりいい意味で使われない言葉だと思う。
    言い寄る、とか、詰め寄る という言葉には、
    ニュアンス的に、ぐいぐいと差し迫るような強引さが感じられる。
    普通ならここは、声をかける、とか、思いを告げる という言葉の方がふさわしいはずだ。

    自分の行動に、言い寄る、なんて表現を使うあたり
    だからオマエは恐い女だって言われるんだよ、っと突っ込みたくなる。


    もうすぐ私きっと あなたを振り向かせる
    これが自分を励ますための言葉ならいいんだけど、
    この「もうすぐ」と「きっと」の組み合わせときたら、
    ホントにそう思い込んでいるとすると、すごく怖いよな。


    ああ、いけない! 怖い怖いって書きすぎた!
    この曲、怖くないよ!
    むしろとってもキュートなんだから!



    現在入手可能な収録CD/視聴可能
    やっぱ生で聴きたい人は、ライブ・イベント情報&チケット

    ※該当曲を聴ける保証はありません。




    脚注

    *1:もっというと、この曲のオリジナルの歌手である三木聖子が歌っていた70年代も